NEW BALANCE M1300 JP2 2015

1995年、2000年、2005年、2010年と4度の復刻をするたびに話題を集めてきた M1300 の復刻が5年の歳月を経て間もなく発売されます。1000シリーズの初代モデル M1300 は、”スニーカー界のロールスロイス”と評され、卓越した機能性と洗礼されたルックスは RALPH LAUREN 氏が、”雲の上を歩いているようだ”とその履き心地を絶賛する程の一品として現在まで語り継がれ揺るぎない地位を確立してきました。今回の復刻ではミッドソールにクッショニング性と機能性の高い ENCAP 、そしてVibram 社製アウトソールを採用。上質なヌバックにメッシュのコンビネーションも健在です。復刻の中でも特に人気を博した2010年モデルに並ぶ、納得の仕上がりとなっています。また初となるレディースサイズ、キッズ(K1300)も用意されているとの事。3月28日よりNEW BALANCE 東京、大阪、オンラインの3店舗に加え、取扱店舗限定で発売。価格34560円。

For 1,995 years, reproduction of M1300 where I gathered topics whenever I reproduce 2010 and four times in 2005 is released soon after time for five years in 2000. First model M1300 of 1000 series was described as “Rolls-Royce of the sneakers world”, and Mr. RALPH LAUREN was  “I seem to walk over a cloud” and one article as the prominent functionality and baptism done looks wore it and praised a feeling highly over  cloud to date, and they established a firm position. I adopt product made in ENCAP having high Cushioning characteristics and functionality and Vibram company out sole in mid sole by this reproduction. The combination of the mesh is in good health to good-quality nubuck, too. It is the finish of the assent to line up to the 2010 model who won popularity in particular in reproduction. The first lady’s size, kids (K1300) being prepared for again. It releases it only in a Limited store in addition to NEW BALANCE Tokyo, Osaka, 3 online stores from March 28. Price 34,560 yen.

via.SN

 

pagetop